アクセス

トップページ > 看護部 > 看護部の教育

看護部の教育

Acty能力開発プログラムにのっとり、継続的に教育を行っています。

看護部教育理念

 

信頼に応える看護師を育成する

 高崎総合医療センターが求める看護師は、看護部の理念にある人間の尊厳を大切にし、患者家族から真に信頼される看護師である。
 「信頼に応える」とは、以下の通りである。
  ① 患者・家族の尊厳を大切にし、安心して治療・療養に専念できるように知識に裏付けされた正確で、安全な看護が提供できること。
  ② ともに働くチームメンバーとして同僚や他職種から信頼されること。
  ③ 看護観を深め、向上心をもち、自ら学習する看護師を育成すること。

教育目標

 1)患者の人権を尊重し、自立を助け、患者を中心とした看護が実践できる
 2)専門職として、安全で安楽な看護を提供できる知識・実践能力を習得する
 3)地域住民のニーズに合った豊かな健康生活を支持する看護ができる
 4)看護の専門性を追求し自己研鑽できる

教育概念図


高崎総合医療センターの目指す看護師

対象者 目指す看護師像
レベルⅠ 1.専門職業人として自覚を持って行動できる看護師
2.基本的な知識・技術・態度を身に付けて看護基準・手順に沿った実践ができる看護師
3.人間の尊厳を大切にし、心のこもったケアが提供できる看護師
レベルⅡ 1.医療チームの一員としてメンバーシップが図れる看護師
2.根拠に基づいた看護実践ができる看護師
3.患者・家族の思いや考え・希望を看護にいかせる看護師
レベルⅢ 1.チームメンバーの調整を行い、日々のリーダー役割が遂行できる看護師
2.専門領域の知識・技術を深め、実践のモデルを担う看護師
3.様々な背景がある患者の個別性に応じた看護が実践できる看護師
4.後輩の学習の支援ができる看護師
レベルⅣ 1.組織横断的にリーダーシップを発揮できる看護師
2.状況に応じた高度で複雑な看護が行える看護師
3.後輩育成の中心的役割、精神的支援が果たせる看護師
4.社会の医療の動向を踏まえ、部署内の看護やケアの課題解決ができる看護師
5.研究的取り組みが出来る看護師
レベルⅤ 1.看護チームの役割モデルとして行動できる看護師
2.専門性を発揮して創造的な看護実践が展開できる看護師
3.病院が担う看護や経営的課題の課題解決行動ができる看護師
4.管理・教育的な役割モデルとなり研究的取り組みができる看護師

新人看護師支援体制

 全看護職員が新人看護師に関心を持ち、皆で新人看護師を育てるという意識を持ち、支え合い、共に成長することを目指した教育体制です


教育担当看護師長・教育担当副看護師長

 看護職員一人一人が、看護の質を高めながら一緒に成長できることを目指し、院内の教育を支援しています。

教育研修

 看護職員能力開発プログラム(ActyナースVer.2)に基づいて、キャリアラダーに合った研修を実施しています。また、各分野を専門的に学ぶ研修も実施しています。
  ・ラダーレベル別(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ)
  ・選択コース
  ・トピックス研修

教育環境

 職場でも、自宅でも自己学習が出来るような環境を整えています。
  *シミュレーション室
  *講義配信型eラーニング
  *看護手順書・技術動画eラーニング
  *図書室

(PDFはこちら)

看護部