独立行政法人 国立病院機構 高崎総合医療センター

文字サイズ
サイトマップ
トップページ > 市民健康医学講座

市民健康医学講座

市民健康医学講座のご案内 9月の予定

 国立病院機構高崎総合医療センターでは、市民の方々と患者様ならびにそのご家族を対象として市民医学講座を開催しています。下記に次回の予定を記載しておりますのでご興味のある方は是非、ご参加ください。

221回 市民健康医学講座

 

高崎総合医療センター 案内図
問い合わせ   〒370-0829高崎市高松36
TEL 027-322-5901
FAX 027-327-1826
URL https://takasaki.hosp.go.jp/
高崎総合医療センター 管理課まで
(旧 国立高崎病院)
病院 ロゴ
○予約不要 ○入場無料 ○駐車場料金無料
~~お気軽にお越しください~~

心臓血管内科医師 高橋 伸弥 先生

【プロフィール】
国立病院機構 高崎総合医療センター 心臓血管内科医師 高橋 伸弥
2013年3月 群馬大学医学部卒業
2015年   高崎総合医療センター循環器内科勤務

【所属学会】
日本内科学会(認定医)
日本循環器学会
日本心血管インターベンション治療学会(認定医)

【コメント】
 下肢の血管が動脈硬化によって閉塞してくると、歩いた時などに太ももやふくらはぎ、臀部に痛みや怠さを感じるようになります。症状からは整形外科を受診されたり、または加齢のためかと考えている方も多いのですが、適切に治療すれば症状の改善が見込める病気です。また、病気が進行して足の血流が非常に悪くなる場合、足に出来た小さな傷が治らなかったり、感染などを合併して足を失ったり、結果として歩行が困難になることもあります。さらに動脈硬化は全身の病気ですので、心臓病、脳血管病などの合併も多く、こちらの検索も重要になってきます。糖尿病の方、腎臓病の方(特に透析を受けている方)、喫煙をされる方は罹患しやすく、上記のような下肢症状がある際には、一度内科で相談をされてはいかがでしょうか。

 

今後の講座予定

(※予定等の変更がありますことをご了承ください。)

10月16日(水)17:30~ 脳神経外科 佐藤 晃之 先生
             「急げ!脳卒中は最初が大事!」

11月20日(水)17:30~ 内分泌代謝内科 渋沢 信行 先生
             主任理学療法士 浅野 厚雄

12月18日(水)17:30~ 総合診療内科

 

院内情報紙「こくたか連携だより」を刊行中

 当院では、当院と患者さんを繋ぐ情報紙「こくたか連携だより」を毎月発行しております。市民健康医学講座をはじめ、患者さんからのご意見コーナー・また当院のパートナーとして医療連携を依頼していただいている医療機関をご紹介するコーナーなどがあります。尚、本日の概要も次月号に掲載する予定です。「こくたか連携だより」は1階待合室等にご用意しておりますので、ご自由にお持ちください。

 

診療科・中央部門・センターのご紹介
診療科 臓器別疾患センター 各部門、地域医療支援・連携センター 看護部
臨床研究部 附属高崎看護学校 研修医のみなさんへ 専攻医募集 地域医療支援・連携センター 診療実績 Googleストリートビューで病院内を見てみよう!

▲TOP