アクセス

診療方針

がん診療拠点病院として悪性腫瘍に対する手術を中心とした先進的治療を行うとともに、3次救急医療機関として重症腹部救急疾患や多発外傷に対し診療を行っています。

 消化器病センターでは、内科医・外科医・放射線診断/治療医や多職種を交えて症例検討を行い、高度な専門性と安全性の両立した医療を提供しています。

 

当科の特徴

・術後の早期回復を目指し、ガイドラインに準じて、腹腔鏡下手術を積極的に適応し手術侵襲の軽減を図るとともに、術前から栄養療法・リハビリなどを行っています。

・当院は総合病院であり、糖尿病や虚血性心疾患、呼吸器疾患などの並存疾患を抱えた患者さんも多く、専門診療科や多職種と協力し、治療準備から治療後まで病状にあわせて患者さんごとに適切な支援を行っています。

・各種パンフレットや説明書、クリニカルパスの活用、患者サポートセンターでの面談などを通して、患者さんや家族に十分な情報提供行い、きめ細やかな診療を心がけています。

・退院後も安心して療養できるよう、がん診療連携パスを活用し、地域の先生方と連携をとっています。

・ご希望に合わせ,病気の早期より緩和支援チームが介入し、患者さんの不安や苦痛の軽減に努めています。

消化器外科