facebookアイコン
アクセス

トップページ > 臓器別疾患センター > 放射線治療センター > 当センターの放射線治療の特徴

当センターの放射線治療の特徴

画像誘導放射線治療(IGRT)

housyasencenter06 計画どおりの治療ができているか、常に確認しながら治療します。 放射線治療は基本的に毎日繰り返し行う治療であるため最初の計画通りに治療することがとても重要なことなのです。

強度変調放射線治療(IMRT)

housyasencenter07 病巣の形状に合わせて治療する範囲を整えることができ、周囲の正常組織への影響を最小限にすることが可能です。 高エネルギーX線を用いた治療では、最新の治療方法です。

定位放射線治療(SRT)

housyasencenter08 いわゆるピンポイント照射です。治療期間が短く、局所効果が大きい治療方法です。脳腫瘍、肺癌、肝癌などを対象に施行しています。 局所効果は手術にも匹敵すると言われています。

呼吸同期放射線治療

housyasencenter09 肺腫瘍のように呼吸で移動してしまう病巣に対して、呼吸に合わせてビームを照射します。

小線源治療

housyasencenter10 子宮癌治療における強い味方です。群馬県内でこの治療が可能な施設は3施設のみです。

放射線治療センター