アクセス

トップページ > 診療科 > 泌尿器科 > 2020(令和2)年度 活動の紹介

2020(令和2)年度 活動の紹介

1. 診療体制

 

診療方針

 日本泌尿器科学会専門医、指導医の資格を持ったものが一名いる二人体制で行っています。癌治療、良性疾患など泌尿器科一般の疾患に対応します。癌治療に関して、手術療法はもちろん、他科とも連携し放射線治療、化学療法なども可能で集学的治療が可能です。また、緩和治療に関しても院内の緩和チームのみならず地域の開業医の先生方とも連携して行っております。救急疾患も多く、迅速な判断と早期の治療を心がけます。各種ガイドラインに即した標準治療を行い、患者さんが早期に日常へ戻れるよう心掛けています。

 

● スタッフ名

泌尿器科:井上雅晴、栗原聡太

 

2. 診療実績 2020 年度手術数

●手術数

R02-hinyoki2

 

●医療設備

 泌尿器腹腔鏡手術各種デバイス、ホルミウム YAG
 レーザー、TURis システム
 軟性、硬性尿管鏡等

 

3. 研修教育方針

泌尿器科の研修教育方針:

 泌尿器科専門医の取得、維持のために必要な各疾患の症例、手術症例の経験、学会での発表などを行う。

研修医に対する研修教育方針:

 泌尿器科に必要な診断技術、治療、手術手技の取得、診療に必要なコミュニケーションスキルなどを指導する。

. 今後の展望

1. 正確な診断能力の継続的な向上と安定した治療技術の確保。
2. 最新の治療も積極的に取り入れ、より安全な医療を提供する。