独立行政法人 国立病院機構 高崎総合医療センター

文字サイズ
サイトマップ

沿革

明治6年5月 東京鎮台第一分営高崎営所病院として創立
明治21年5月 高崎衛戍病院と改称
昭和11年11月 高崎陸軍病院と改称
昭和20年12月 厚生省移管・国立病院となる
昭和45年4月 高崎市外11市町村組合伝染病棟併設
昭和46年4月 高等看護学校を併設
昭和47年3月 臨床研修病院に指定
昭和58年2月 救命救急センターを設置
平成9年4月 地域医療研修センターを設置
平成10年6月 臓器提供施設に認定
平成16年4月 独立行政法人国立病院機構高崎病院として発足
平成17年3月 地域医療支援病院認定
平成19年1月 地域がん診療連携拠点病院指定
平成21年10月 独立行政法人国立病院機構高崎総合医療センターと改称・新病棟完成
平成23年4月 地域災害拠点病院指定
122_2
診療科・中央部門・センターのご紹介
診療科 臓器別疾患センター 各部門、地域医療支援・連携センター 看護部
臨床研究部 附属高崎看護学校 研修医のみなさんへ 専攻医募集 地域医療支援・連携センター 診療実績 Googleストリートビューで病院内を見てみよう!

▲TOP