アクセス

トップページ > 診療科 > 消化器内科 2020(令和2)年度 活動の紹介

2020(令和2)年度 活動の紹介

1.診療体制

 

●診療方針

 平成 24 年 4 月に消化器病センターが設立され、消化器内科と消化器外科の連携を密にした専門性の高い診療を行なっています。
 消化器内科では食道、胃、大腸、肝、胆道、膵などの幅広い領域のがんが対象となります。がんの早期発見はもちろん、治療方針を決定するためには確実な病期判定が必要であり、内視鏡、超音波、血管造影、肝生検など様々な検査を行います。さらにCT や MRI など画像所見を参考にし、エビデンスやガイドラインに基づいて治療方針を決定します。毎週定期的に開催される消化器病センターのカンファレンス(消化器キャンサーボード)において、手術適応や治療方針について意見を交換し合います。また、肝がんに対する経カテーテル的治療やラジオ波治療、早期の消化管(食道、胃、大腸)がんに対する内視鏡治療、症状緩和を目的とする姑息的内視鏡治療なども積極的に行っています。
 当院は救急病院でもあるため、上下部消化管出血、胆道感染症、閉塞性黄疸、イレウスなど消化器系の急性疾患にも対応します。夜間休日を問わず、24 時間オンコール体制によって緊急の検査および処置を行うことが可能です。
 その他にも common disease から難治性疾患に至るまで様々な消化器疾患に対処し、上記のがん診療、救急診療を含めて医療連携を通して地域の中核病院としての役割を果たすことを目標としています。また、若手消化器内科医の育成や研修医の指導に力を注ぎ、学会や研究会への参加、主題発表、症例報告、論文作成等に積極的に取り組んでいます。

 

●医療設備

・内視鏡室:3室
・TV 室:2室
・内視鏡システム: OLYMPUS EVIS LUCERA 3 台、OLYMPUS EVIS LUCERA ELITE 2台
・上部: GIF-H290Z 1 本、GIF-H290 1 本、GIF-H260Z1本、GIF-Q260J 1本など計10本
・下部: PCF-H290ZI 2 本、PCF-PQ260L 1 本、CFH260AZI 1本、CF-H260AI 1本、PCF-Q260AZI2本など計10本
・側視鏡:JF-260V 2本
・超音波内視鏡:GF-UCT260
・超音波内視鏡装置 EUME1、高周波手術装置 ERBE 社VIO300D 1台、ICC200 1台、アルゴンガス供給装置APC300 1台
・内視鏡用炭酸ガス送気装置 UCR 3 台、内視鏡用送水ポンプ OFP 1台、OFP2 1台 ・カプセル内視鏡:Given imaging 社 Pill CamSB3 ・外来診察室:東芝超音波診断システム Xario XG ・病棟処置室:東芝超音波診断システム Aplio 500 ・血管造影室:Phillips XperCT-DSA 装置

 

2. 診療実績

●症例数・検査数・治療

R02-syokaki_shourei

 

3. 臨床研究のテーマ

 

≪臨床研究≫

○経皮経食道胃管挿入術 (PTEG) による半固形化栄養と持続血糖モニターを用いた栄養管理の前向き観察研究
○ニボルマブ治療進行胃癌患者における腫瘍免疫応答の生物学的変化に関する後向き観察研究
○切除不能進行肝細胞癌のレンバチニブ治療における支持療法としての HMB・L-アルギニン・L- グルタミン配合飲料とロコモーショントレーニングの有用性についての非盲検ランダム化比較試験
○消化器内視鏡に関連した偶発症の全国調査
○ C 型肝炎に対するソホスブビル / ベルパタスビル治療の有用性に関する北関東多施設共同研究
○サルコペニアの摂食嚥下障害の有病割合および関連因子:多施設データベース研究
○群馬県内多施設における好酸球性炎症症候群の診療実態把握と、臨床病理学的特徴についての検討
○群馬県における E 型肝炎の最新の動向
○体幹部定位放射線療法後の潜在的 Abscopal 効果による肝細胞癌再発抑制:探索的観察研究
○内視鏡治療および外科的治療後の大腸 T1癌の予後および再発に関する多施設共同後ろ向き観察研究
○ B 型慢性肝疾患に対する核酸アナログ長期投与例の課題克服および電子的臨床検査情報収集 (EDC)システムを用いた多施設大規模データベースの構築
○切除不能進行性又は転移性の胆管癌患者におけるFGFR2遺伝子融合の頻度を調査する観察研究
○肝細胞癌に対するラムシルマブの有効性と安全性の後方視的検討
○低亜鉛血症を伴う非代償性肝硬変患者に対する酢酸亜鉛投与の有用性:後ろ向き観察研究
○免疫チェックポイント阻害薬による肝障害の検討:後ろ向き観察研究

 

≪治験≫

○ M16-067 試験又は M16-065 試験の導入療法で改善した潰瘍性大腸炎患者を対象として risankizumabの有効性及び安全性を評価する多施設共同無作為化二重盲検プラセボ対照52 週間維持療法試験及び非盲検継続投与試験
○既存治療及び / 又は生物学的製剤に対して効果不十分又は不耐容である中等症から重症の活動性クローン病患者を対象とした upadacitinib(ABT-494)の有効性及び安全性を評価する多施設共同無作為化二重盲検プラセボ対照導入療法試験
○従来治療及び生物学的製剤が不良な中等症から重 症の活動 性 潰 瘍 性 大 腸 炎患 者を対 象としたmirikizumab の多施設共同無作為化二重盲検並行群間プラセボ対照第Ⅲ相導入試験(LUCENT1)
○生物学的製剤が奏効しなかった中等症から重症の活動性潰瘍性大腸炎患者を対象とした risankizumabの有効性及び安全性を評価する多施設共同無作為化二重盲検プラセボ対照導入療法試験
○中等症からの重症の活動性潰瘍性大腸炎患者を対象とした mirikizumab の多施設共同無作為化二重盲検並行群間プラセボ対照第Ⅲ相維持試験(LUCENT2)
○潰瘍性大腸炎患者を対象に Filgotinib の安全性を評価する長期継続投与試験
※その他、臨床研究部のテーマとして、肝発癌制御、門脈圧亢進症、胆膵系がんの集学的治療、消化管出血、内視鏡治療を掲げている。

 

4. 研修教育方針

 週間スケジュールに沿って研修医は指導医と一緒に入院患者の主治医となり、実際に検査・治療にあたる。内視鏡、腹部超音波、血管造影、定期的なカンファレンス(入院症例カンファレンス、消化器キャンサーボード、内視鏡カンファレンス)などがスケジュールに盛り込まれている。

 

5. 今後の展望

 群馬県西部地域の消化器病の中核病院としての期待に応えるべく、日常診療のみならず、地域と共同の臨床研究も推進させていきたい。