独立行政法人 国立病院機構 高崎総合医療センター

文字サイズ
サイトマップ

トピックス

<1>手術について

手術をより安全かつ確実に行うために、以下のような最先端の技術を駆使し、脳卒中、脳腫瘍などの治療成績の向上に努めております。
  1. ナビゲーション装置: 病変の位置や手術部位を確認する装置です。
  2. 術中モニタリング装置: 神経回路を電気刺激し、患者さんの神経機能を手術中も確認し、術後神経障害を予防する装置です。
  3. 術中蛍光診断装置: 顕微鏡手術中に脳血流を観察したり、正常脳組織との鑑別困難な脳腫瘍を識別し、必要な血管や脳組織を温存し、術後神経障害を予防する装置です。
  4. 神経内視鏡: 小さな隙間から深部を観察可能となり、低侵襲で安全な手術が可能となる装置です。
手術実績は診療実績のごとくですが、2012年より血管内手術が導入され、増加傾向にあります。

<2>脳血管内手術について

 脳血管内手術はここ10年来発展してきた技術ですが、心臓の血管における治療とともに進歩し続けている分野です。頭部や頚部を切らずに治療できることがメリットで、本邦でも急速に普及し始めています。代表的な治療は、くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤に対するコイル塞栓術や、脳梗塞の原因となりアテローム血栓症の一部でもある内頚動脈狭窄症に対する頚動脈ステント留置術です。コイル塞栓術は大腿のつけ根の血管からカテーテルを脳動脈瘤に誘導して、その中をプラチナ製のコイルを巻いて、脳動脈瘤を血管内部から詰めてしまう治療です。脳動脈瘤に対する外科的な方法では、開頭して顕微鏡下に脳動脈瘤を露出しクリップで脳動脈瘤をつぶすクリッピング術があります。内頚動脈狭窄症に対する頚動脈ステント留置術は大腿の付け根の血管からカテーテルを挿入して狭窄部に到達し、ステントを留置して狭窄部を拡げます。狭窄部の脳側にステントを拡張した際に血栓が脳に飛んでいかないようにする傘状のフィルターや風船状のバルーンという器材で血栓を捕捉します。内頚動脈狭窄症に対する標準治療は外科的な治療法である頚動脈内膜剥離術ですが、血管内治療である頚動脈ステント留置術も2008年4月に保険適応となり、個々の患者さんにより適切な治療法を選択することが可能となりました。当院では患者様のニーズに応えられるように、より安全で正確な治療を目指しております。 詳細は 心臓・脳血管カテーテルセンターの項をご参照ください。

<3>脳卒中について: 一見軽症でも重篤な病変が隠れていることがあります。

 最近の脳卒中ガイドラインで一過性脳虚血発作など軽症脳卒中の重要性がクローズアップされております。この疾患では症状が一過性で消失したり、軽症であっても再発を繰り返し、重篤な後遺障害が残る危険性があり、緊急入院による治療が重要と言われています。更にこのような患者さんの中には症状は軽いものの重篤な血管病変を有し、緊急で外科処置が必要となる患者さんも存在します。このような患者さんを適切に診断することにより、頸動脈内膜剥離術や血管内手術などの治療を行い、再発を予防できる症例が増加しつつあります。  また、このような重篤な血管病変は、全身の動脈硬化の一部であることが多く、心筋梗塞や末梢動脈閉塞症を発症する可能性が高い患者さんともいえます。そのため、循環器科などと協力し、心臓・脳血管カテーテルセンターなどで全身の血管を調べ、全身の総合的な治療を行い、新たな病気の発生予防にも努めています。
>>本院での超急性期血栓溶解療法に関して

<4>特発性水頭症について: 治る痴呆症の治療。

 近年、“治る痴呆症”として、特発性水頭症が注目されています。症状として、歩行障害、認知機能低下、尿失禁が有名ですが、認知症、パーキンソン病など、他の神経内科的疾患と類似しており、鑑別が大変重要になります。この難しい鑑別を神経内科で行い、手術で改善が期待されると判断された患者さんのみを脳神経外科で手術をしております。手術方法として当院では第一選択として、より侵襲の少ない腰椎腹腔短絡術を行っています。このように当院では脳神経外科のみでなく、神経内科医師と連携を取り、特発性水頭症チームとしてより正確な診断、治療を行える体制を整えております。

<5>転移性脳腫瘍について

 当院はがん治療拠点病院であり、転移性脳腫瘍の診療も行っています。転移性脳腫瘍の治療では、手術のみならず、がんの主治医による化学療法や放射線科による放射線治療など、各々の専門医と連携し、患者さん個々に最適な治療を行うよう努めております。標準治療では腫瘍の大きさが3cmを超えてしまうと手術となっていますが、症状の乏しい部位に発生した場合、これより大きい状態で発見されることもしばしばあります。このような患者さんに対し、手術以外の治療選択肢として、低分割定位放射線治療が最近注目されております。当院ではこの治療に適したNovaris という高精度の定位放射線装置が導入されており、疼痛などの苦痛をより軽減しつつ、より高精度の治療が可能とっております。詳細は 放射線治療センター をご参照ください。

▲TOP