独立行政法人 国立病院機構 高崎総合医療センター

文字サイズ
サイトマップ
トップページ > 診療科 > 整形外科 > 平成29年度 当診療科の活動

平成29年度 当診療科の活動

1. 概要

 一般的な骨折の治療はもとより、整形外科部門の専門的治療(脊椎外科および関節外科)の診療および治療を行っています。高エネルギー外傷(多発外傷)にも、当院の他科の先生の御協力をいただき手術をさせていただいております。今後高齢者人口もますまず増加しますので、骨粗鬆症によるちょっとした怪我で骨折が増えることが予想されます。それを踏まえてこれからも地域の患者さんの期待にこたえて日々診療および手術をさせていただきます。

 

●治療方針

 救急の受け入れは、特別な事情のない限りうけております。

 なるべく多くの患者さんに対応して、治療を行っていきたいと思いますが、ベッドも限りがあります。そのため当院の機能上やはり手術を対象とした患者さんが主となると考えています。そのためにも術後の患者さんをなるべく早期にリハビリ転院等をお願いしておりますが、受け入れ病院のベッドも少ないのが現状です。また高齢化社会や合併症等を持っている人も多いので、手術にあたって当院でしか行えない患者さんも増えています。なるべく多くの患者さんに入院していただけるように努力して治療にあたりたいと考えております。

 

●スタッフ

常勤医5名

 新井(専門:脊椎脊髄外科)

 大澤(専門:肩関節外科)

 荒(専門:脊椎脊髄外科)

 大島(整形外科一般)

 丹下(整形外科一般)で診療を行っております。

 

2. 診療実績

 外来は月・火・水・金の午前中で、手術は月・火・木・金に行っています。H29年度手術件数は652症例でありました。

 

H29-seikei2

 

▲TOP