独立行政法人 国立病院機構 高崎総合医療センター

文字サイズ
サイトマップ
トップページ > 診療科 > 眼科 > 眼科について

眼科について

外来診療は眼科一般です。 視力検査、眼圧検査、視野検査、網膜電位図、視覚誘導電位、両眼視などの検査や遠用鏡・近用鏡(老眼鏡)などの処方のための検査等を視能訓練士が行っています。基本的に視力検査等を行ってから診察になります。診察は、主に細隙等顕微鏡を用いて、眼瞼・角膜・結膜などの前眼部、前房・水晶体・硝子体等の中間透光体、眼底の検査を行います。これにより結膜炎、霰粒腫、眼瞼炎、ドライアイ、白内障、緑内障、糖尿病網膜症、加齢性黄斑変性症などの診断を行います。眼鏡の処方はしますが、コンタクトレンズの処方は基本的に行っておりません。

医療設備

ハンフリー視野計、ゴールドマン視野計、マルチカラー光凝固装置、 超音波白内障手術装置、網膜・硝子体/白内障手術装置 等です。

診療体制

月曜日から金曜日まで診療を行っておりますが、予約日は、火曜日から金曜日まで、朝8時30分から11時までの受付となります。
常勤医師1名、看護師、視能訓練士で診療・視力検査等を行っております。

手術

当院での白内障手術は、主に片眼2泊3日(月曜日入院、火曜日午後手術、水曜日退院)で行っております。日帰りでの白内障手術はおこなっておりません。

▲TOP